散髪2

自分で自分の髪を切ったりしませんよね。
このブログでも自らバリカンで散髪している事何度か書いてますけど、相も変わらずやっぱり自分でカットしているテッチャンです。
そして先週末今年初めての散髪をしたんですが、シンもボサボサだったんで一緒にカットする事にしました。
そしたらやらかしちゃいました。大失敗。
最初はスキカルに何も付けずにトップからクシと一緒に整えはじめました。カットしながら徐々に慣れてきて口も回り始めて説教をタレるのは性格なんでしょうか。
そしてあらかたトップが整ったのであとはバック、サイドの刈り上げなのでまずはスキカルにアタッチメントを取付けてからの作業なんです。
ところが。
当然アタッチメントを取付てから刈り始めるんですが、話しながらの動作で全くのノーケアでした。そして後ろの刈り上げを勢いをつけてはじめた一刈り目で、アッ?
気づいた時には時既に遅し、右後に一本のトラ狩りストリートが出来てました。
「ワァ、ごめん」と言ったものの、自分でも修復不可能なのは一目瞭然でお手上げ、ミズが帰ってきてから整えてもらおう、とそこには手を施せず仕舞いでした。
そこから先はご想像にお任せしますが、中学2年生の年頃の男の子にとって洒落になりませんよね。テッチャンはたまたまその当時逆にスポーツ刈り、バリカンが新鮮で興味あったんですが、シンにとっては逆にいい加減に卒業したい気分だったところに輪をかけたような行動だったわけです。
シンはそれから先ブッツリ、登校しなくなってしまいました。
ああ、全く洒落になりませんがそこはまた後にでも書くことにしましょう。

コメントをどうぞ