二十歳

二十歳の誕生日は何をしていましたか?
えぇ、これはテッチャンが自分への問い合わせですが恥ずかしながら全く記憶にございません。もう30年も昔のことですから仕方ないで済ませましょう。
おそらく大学一年の後期が始まってる時期なので専門課程の課題が始まった頃なのでプロダクトデザインの最初の課題をやってたか、ヨットに乗ってたか、飲んでたか。当時はホントにシンプルでわかいりやすい生活だったゆえ思い出せないのでしょう。
そんなあやふやな話はここまでにして本題に入りましょう。
昨日はミズさんの二十歳の誕生日だったのでした。
ミズが中学入学してまもなくナオミさんが闘病に入ったため、今のシンでさえあたふたしているのに、テッチャンにはわけの分からない非常に多感な女性の時期をよくもまあ乗り越えてくれたものです。学校や時々の話で色々悩んでいることもわかってはいるもののそれにどう対応してよいものかわからず、その場しのぎしかできない不甲斐さを感じていましたがどうしようもなかったのですが、ミズはそれをきちんとクリアしてくれたようです。
今では我が家のムードメーカーとして、またシンやおばあちゃんとの結びつる潤滑油としての役目などなくてはならない存在です。
本当に立派に成長してくれたものです。
我が家は今月の21日がミズ、23日が母と女性誕生日ウィークで、母も75歳ということで昨日は家族で地元のレストランで夕食会をおこないました。
ちなみにミズへのプレゼントはナオミさんのロレックスの腕時計を形見分けしました。
あぁ、そして今日は11/22いい夫婦の日だったんですね。
ボツイチのテッチャンはミズにしっかり内職を頼みながら、自分はひとり今季最後のクルージングに海に向かったのでした。

コメント / トラックバック4件

  1. こーちゃん より:

    おひさしです。
    ミズが二十歳ですか。。。本当に早いですね。
    ここから先の内容は、またゆっくりと酒でも飲みながら。

    ミズに「おめでとう♪」って伝えてください。

  2. テッチャン より:

    こーちゃんさん、ありがとう。いつかゆっくり話しましょう。

  3. ふるだて より:

    ↑上の俺だから(笑)

  4. テッチャン より:

    ふるだてダンナ、わかってまんがな。せやからゆっくり話しましょ、いうてんのや。

コメントをどうぞ