墓参り

お盆にはお墓参りしてますか?

テッチャンの家はお墓でなく納骨堂にお参りします。

お恥ずかしい話ですがナオミさんが亡くなるまで全く考えもしてませんでしたが、我が家には彼女を納骨するお墓がありませんでした(笑)

亡くなって初めて「どうする?」という話になったのですが、既に父は認知症の症状が進みその判断をすることはできませんでした。一時期父は退職後、自分の実家大分に戻りたい、と希望していたようですが、それは距離的に無理があるということで弟の同級生のお寺にお世話になろうと言っていたらしいのです。
テッチャンには10歳下の弟がいてたまたま同じ高校、同じラグビー部で、その中に実家がお寺の友人がいて宗派も同じだったので卒業後にうちに弟達が集まるたびに「将来はよろしく」と言っていたらしいのです。
結局、こんな単純な理由で我が家はこのお寺の納骨堂で決着がつきました。その時には既に代替わりをしていたので、おかげでテッチャンは法事のたびにラグビー部の後輩から説教を頂くという有難い門徒になっています(笑)

先週の盆もお寺にお迎えにあがりましたが、今年は訳あって15日からその父の故郷大分にシンと里帰りをしていました。用事を済ませ夕方から叔父達とお墓参りにいきましたが、そこは集落の外れのため池の隣りのお墓でテッチャンは間違っても夜に来る勇気はありません。
大好きだったばあちゃんの思い出が様々と蘇ってきました。惜しむらくはそのばあちゃんの家をきちんと図面化していないこと。当時テッチャンは大学院生だったとおもいますが、旧家を建て直すと聞いてはいましたが忙しい買ったことを理由に既に実測技術をもっていたにも関わらず、その大切な思い出を記録し忘れていました。

後日訪れた時にはもうあの長屋、土間、五右衛門風呂はなく、後悔だけが残りました・・・

コメントをどうぞ