観月会

12日は観月会で久しぶりに長男シンと天拝山を登ってきました。

 少し早めに仕事を上がり、おにぎりを作って出かけました。会場の天拝公園ではすでにステージの出し物がはじまり大勢の人が見物していましたが、我々はそれをスル―してまずは山へ向います。天拝山は高さ258メートル、登山と言うより丘を散歩するという感覚です。

 なので夜にも関わらずライトで登ることができます。ちなみに観月会の時は提灯が販売されていてムードたっぷりで登ることもできます。散歩と言っても山は山、途中からシンに遅れを取り出して、最後の300段以上の階段登りでは完璧に遅れてしまいました。

 頂上にはお宮があり観月会の時は宮司さんがいて、そこでお神酒をいただきお参りします。今年はちょうどタイミング良く巫女の舞の奉納も見学できました。

 そこから見晴台に上がり夜景を眺めながら休憩していると、それまで雲に隠れて今年はあきらめかけていた月が雲の切れ目からうっすら現われ見事な満月を拝むことができました。

 その後下山してからお待ちかねの夕食です。と、その前にシンとの約束で出店のくじ引きに並びます。同級生も並んでいてやっぱり子ども達は好きなんですね。クジ代は300円、最高商品はWii、本人は拳銃狙いだったのですが、結果はスカ。ハリセンでした。

 大人の立場からは300円でこれはないだろう、という感覚ですが、本人はそれはそれで良かったようで友達と叩き合って楽しんでおりました。

 そしてようやく夕食、2,3年前から天拝公園内の会場にはゴザとテーブルが置かれるようになり、見学客はここで飲み食いできるようになりました。ただ惜しむらくは今年は車で来ているため、お酒が飲めないということ。ビールを飲みながら、料理をつまみつつ、花火を観る。毎年こうして楽しんでいたのですが仕方ありません。

 それでもお弁当を食べながら間近で花火をゆっくり見物できるなんて、なんともぜいたくな観月会でした。

コメントをどうぞ