2015年10月 のアーカイブ

米寿

2015年10月4日 日曜日

八十八歳のお祝いを米寿祝いと言うって知ってますよね。
ではそのお祝いをしたことはありますか?
昨日初めてその祝賀会に参加したテッチャンです。ついこの前も「恩師」というテーマで書きましたが、大学時代の恩師由良先生が今月八十八歳になられるということで教え子達がお祝いの会を催したのです。
しかしながら母校は残念ながら現在ありません。九州芸術工科大学という当時日本で一番小さな国立大学と言われ、一学科30名4学科一学年120名、バウハウスの理念「芸術と技術の融合」を目指した日本で初めての芸術工科大学だったのですが、現在は九州大学の一学部となっております。
テッチャンは就職イヤイヤ病で、大学院で2年ばかり卒業を遠回りしたんですが修論が書けずに四苦八苦していたところを由良先生の退官のドサクサにまぎれてなんとか一緒に卒業させてもらった次第です。それでも大学院で島原の湧水という素晴らしいテーマに出会い、そこで島原焼の桑取先輩を先生に紹介してもらったおかげでそれ以来家族ぐるみの付き合いをしています。先生とも就職後福岡を離れたので新婚時代の仙台でお会いしたくらいでしたが、二日市で独立した時期にたまたま秋月に承平堂というギャラリーを建てられ、先生の自宅もお隣の太宰府で近くだったので、管理を手伝うことになり以降ずっと付き合わせてもらっています。
今回は先生が大袈裟な祝賀会を嫌ったので、基本福岡在住のOBだけの声かけでしたが、40名弱の教え子、関係者が集まりお祝いしました。
先生は着物、袴に仁輪加せんぺいのお面をつけての登場、参加者へのおもてなしはさすがです。最後はお得意の「さようなら」の歌をみんなで唄って終わりでした。
そして今日は秋月ツアー。間もなく新築のため取り壊される秋月郷土美術館等を先生や当時設計に関わった先輩達のお話を伺いながらの半日、テッチャンは朝のお迎えから、最後のお送りまでほぼ一日がかりでしたが、まだまだ知らない話ばかり、とても楽しいお話でした。
テッチャンはもちろ八十八歳まで生きる自信もありませんが、せめて生涯現役で最後はポックリいきたいもんです。
そしたら、さんなぜその歳で若さを保てるのか、先生の答えは「簡単だよ。シンプルに過ごすのさ」