2015年9月 のアーカイブ

ラグビーW杯

2015年9月20日 日曜日

只今ラグビーW杯開催中だってこと知ってます?
このブログでも何度か書いたかもしれませんが、こんなひょろひょろのテッチャンはむかーし、昔ラグビーやってたんです。
高校時代は他校からはヒョロックとかポッキーとか言われてた、と卒業してから聞かされましたが、今ほどではないですがやっぱり痩せてて、今考えても良くやってたなって思います。
プロテインやらなんやら食べても全然太れませんでしたが、引退した途端に太ってしまい卒業式ではブクブクになりましたんで単にラグビーが合ってなかった、ってわかりましたw
じゃあなんで経験のなかったラグビーを高校になってやりはじめたのか思い返してみました。
・父が明治大学の山岳部で八幡グランドで明大ラグビー部と一緒ん練習してたとかで、ラグビーの早明戦をかかさず見てたのなんとなく見ていた。
・入学試験前に中学校の同じクラブの先輩に会って、ラグビー部の事を聞かされていた。
・どうせやるならやっぱり全国を狙えるスポーツがしたかった。
でも一番の理由はこれまでやったこともない、ルールすら知らないスポーツだったってことでしょうね。
だって知ってたらあんなキッツイスポーツしてなかった、と思いますWW
大学時代は社会人クラブチームでやってましたが、重くなって当たり負けはしなくなりましたが、太ってますます走れなくなりました。
当時は大学ラグビーも盛んで、ユーミンの唄なんかもあって結構盛り上がっていたんですが、その後サッカーがプロ化してすっかりフットボール人気を独り占めされ、ラグビーは乗り遅れてしまった感があります。
で今年は4年に一度のラグビーW杯、しかも生誕の地イングランド開催なんで世界的にはお祭り騒ぎなんでしょうが、日本での扱いはやっぱり地味ですね。
そんな中、桜ジャージのジャパンが初戦でいきなりやってくれましたね。
実はテッチャンも初戦は南アフリカなんで何点差かを夜のニュースで確認するくらいかと思ってましたが、まさかの逆転勝ち。
今日は普段通りの仕事だったんですが、事務所でPCのネットニュースで知りビックリでした。
すぐに公式HPのダイジェスト版を見たんですが、不覚にもテッチャンはラグビーの試合を見て初めて泣いちゃいました。
彼らのプレイが何かこれまでの価値観を全て変えてくれた、それくらいの感動でした。
歳をとったからかもしれませんが、ラグビーをやってたからこそ感じられたのだと思います。
シンにはラグビーを勧めた事はありませんし、今はサッカーをやってます。彼がどれほど本気かはわかりませんが、後々やって良かったと思えればいいですね。

恩師

2015年9月13日 日曜日

あなたには恩師と呼べる先生はいますか?
台風一過の週末、関東、東北にはその後の大雨が甚大な被害を及ぼしていますが、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
その前、先月の台風は久々にこの二日市の上も通り過ぎ我が家も庭の木が一本倒木、車庫の板壁が一枚ハズれ改めて自然の猛威を思い知ったところでした。
さてその台風が通り過ぎた最中、小学校5、6年のクラス同窓会がありました。発端は級友の一人が東京からたまたま夏の帰省で戻るので久しぶりに会おう、と呼びかけたようですが先生はじめ、14名が集まりました。8年振りの同窓会でしたが懐かしい面々との再会のひとときは心地よいものでした。
テッチャンはホント、その時々で必ず恩師と呼べる先生に出会い、大きな影響を受けて成長させてもらいましたが、この小学校最後の2年間はテッチャンにとっては今やってる仕事のベースは全てここにあったんではないかと思えるほどです。それは担任の松永先生に負うところが大きく、アートという世界とは程遠い世界にいたテッチャンに自然と絵や音楽、映画等に慣れ親しむ機会を与えてくれました。
その分野が真っ白だっただけにテッチャンは、オリジナルの「サウンド・オブ・ミュージック」に感動し、歌う楽しみを知り、生き物係りが毎日連れてくる動物の3分間クローキーで描くことの楽しみを知り、海外への絵の出展にもワクワクさせてもらい、とにかく全てをスポンジの様に吸収したように思います。
残念ながらその後の中学、高校では全く別の世界に足を踏み込み、それはまたしっかりと別の分野の自分を形成してくれていますが、大学以降の進路でデザインを選択したのは、この小学校5,6年の2年間が直接影響したことは疑いありません。
そんな話をまだまだ元気な先生を交えて、みんなとにぎやかに話すことができ、次回の再会を世話役に託して別れがたい中同窓会を終えました。
ミズはもう学校生活も最後の年となりましたが、シンには恩師と呼べる先生にこれからもたくさん出会ってほしいものです。