2013年10月 のアーカイブ

大足

2013年10月27日 日曜日

我が子の靴のサイズを知ってますか?

もちろんテッチャンは靴を買いに行かねばならないので知っていますけど、最近のシンの足の成長ぶりには驚かされます。
身長はようやく150センチを超えたばかりですが、足はもう25センチです。
こういうのを「・・の大足」と言うんでしょうか(笑)

というのも先月身内で不幸が続き、その際に着て行くものが何もないことに気づいたのです。服は何とか知り合いのお古を借りる事ができましたが、さすがに靴は借りることができず、その際に前回購入したサイズからまた大きくなっている事に気づいた次第です。

で、子どもの靴、というのがだいたい24.5センチまでしかなくて、つまりはもうテッチャンと同じ棚から選ぶことになるわけです。もっとも不思議なもので以前は「俊足」もしくはそれモドキを買っておけば問題なかったんですが、6年生になる頃から一丁前にナイキなどのスポーツブランドを好むようになってきたのです。社会化現象とまでなった「俊足」もスポーツブランドにはかなわなかったようです。

ちなみにテッチャンは中学入学当時の身長154センチ、足のサイズ23.5センチだったと思うんで、やっぱりプロポーション的に大きいような気がします。
この足の巨大化は10歳年下の弟の時から感じていました。弟は私も見上げてしまう身長185センチの大男ですが、この高さになる前に足だけは27.5センチになっていたので、当時からアメリカナイズされた生活習慣や食生活の影響だと勝手に決めつけています。

私的にはやはり男子の究極のプロポーションはミケランジェロのダビデ像だと思っていますが、そのダビデも決して大足ではありません。そしてなにしろ何の大きさが極めてノーマルで初めて写真で見た時は変に安心したという、変な思い出があります(笑)

乗物酔い

2013年10月20日 日曜日

乗物酔いしたことありますか?

テッチャンは今でもたまーに二日酔いして自己嫌悪におちいるんですが(笑)、乗物酔いになったことはないんです。だから小学校のバスハイクなんかで具合悪くなってゲロゲロしている友達の気持を考えた事すらありませんでした。

ところがうちの子ども達はデリケートなようで、我が家の車に乗っても何ともないんですが学校で皆で乗るバスは苦手なようです。ミズはバスハイクの時は良い止めの薬を常備してましたし、シンは保育園時の町内遠足でゲロゲロしてしまい、それがトラウマになっているようです。

こんな事情がありつつ、本日はヨットのクルージングでした。

テッチャンにとっては実に9年ぶりのヨットでかなり浮足だっておりました。その上ヨット部の先輩方が子ども達も一緒に誘ってくれたので厚かましく三人でお邪魔しました。心配していた天気も回復して絶好のクルージング日和、相島を目指して出航しました。

ところが博多湾を出て外海になり風も強くなったので、シンにジャンパーをキャビンに
取りに行かせたんですがこれがいけなかったようです。

「あー、ダメ!」と言いながら出てきてからデッキでバタン、船酔いの一丁上がり、です。先輩からキャビンで下を向き一点集中するのが一番悪いパターンだそうで、バッグから探し物をさせたのがてき面だったようです。

そこからしばらくは苦しそうでしたが、相島への着岸前にはもうケロリとなおり、船上での昼食では何事もなかったかのように美味しそうに食べていました。昼食後に相島を散歩して、帰りも順風、途中北東から追っかけてきた雨雲に捕まり激しく降られましたが、ミズとシンは満足の一日だったえようです。

ただ父の将来の夢である「ヨットで世界一周」に一緒について行くことついて聞くと、「マジ、ムリ」 とのこと。
寂しい限りです。

秋休み

2013年10月15日 火曜日

この三連休はしっかり休んでリフレッシュしましたか?

巷では三連休だったようですが、うちのシンは5連休の秋休み。なんでそんなに休めるかっていうとシンの小学校は2学期制の試行校で、取り入れてから5年になるでしょうか。今では筑紫野市内に他にも2、3校増えたようですが、これだけは馴染めません。
なんか調子が合わないのです。

まず夏休みに入っても通信簿がないのです。子どもも張り合いがないと思うのですが、ようやく夏休みが終わったと思ったらまたすぐに秋休み。ここでようやく通信簿を受け取ります。

そしてなんといってもまたしても弁当を余分に作らねばなりません(笑)
そんなわけで先週木、金曜日はシンと一緒に普段通り出勤後、事務の傍らで勉強していましたが、10時になった途端、あっという間にどっか飛び出して行きます。昼になったらどこからともなく帰って来て一緒に弁当を食べます。昼食後自分の弁当箱だけは自分で洗うようにさせているのでちゃんと洗いますが、その後はまたしてもあっという間に消え、5時まで戻っては来ません(笑)
こんな感じで前半を終え、週末。
我が家は一家離散状態でした。
まずミズは一昨日が入試試験でした。彼女は専門学校への道を選択しました。

それからシンは地区の運動会。そのままお友達の家で泊まらせてもらい、朝戻って来ました。
そしてテッチャンはというと土、日はたまった仕事を片付けながら商店街のイベントにポイ ントで借り出され、日曜の昼からは毎度お馴みのむすび庵の月例会でした。

当初シンと親子で司会の担当だったのですが、テッチャン一人でなんとか進行役を務めさせてもらいました。作業の前半はただひたすら野菜についた虫取り作業。その後はもち米の稲刈り作業。ほんの一時間ほどだったのですが、汗びっしょり。翌日は右腕が上がらず歳を感じてしまいました。

ただその後は4月につくった自家製味噌を持ち寄っての「手前味噌料理」に舌鼓を打ちつつ、作業の疲れを忘れることができました。
そして連休最終日は普段通りのお仕事でした。シンは「楽しかったー」と言いながら10時過ぎに帰宅して、昼までに宿題を終わらせると弁当をさっさと食べてまたしても飛び出していきました。

テッチャンは丁度大学時代の先輩が訪問中だったので、我々の方はそれから外出してお昼ごはんを一緒に食べながらしばし懐かしい話に花を咲かせ連休最終日を過ごしました。

天然パーマ

2013年10月6日 日曜日

パーマかけたことありますか?

我が家はテッチャン以外のナオミさん、ミズ、シンとみんな天然パーマでクルクルです。

ミズは今では全く問題ないようですが、中学入学時も、高校入学時も調査表に天然パーマであることを断ってはいましたが、皆からあれこれ言われるのが嫌で中学入ってすぐにストレートパーマをかけていました。テッチャンは反対でしたがクラブの先輩から言われた様で仕方なく許可したことを思い出しました。

では東家が直毛家系かというとテッチャンの妹と弟はやっぱり天パーで弟の見事なパーマぶりはアフロのようでした w
つまりテッチャンだけが直毛なんですが、これがまた素直じゃなくて変なところにクセがありタチが悪いのです。
なので散髪直後は短い坊主ゆえ何ら問題ありませんがしばらくして髪が伸びてくるとあちこち寝癖のようにピョコピョコ立ってきます。だからこまめに散髪しなければならにわけです。

というわけで今日はシンと二人で散髪デーでした。シンは天パーなのでとっても簡単。前髪のクルクルだけをタンタンのような感じでチョコっと残してあとはバリカンでスッキリ刈るだけでした。

そして自分のカット。最後の仕上げはミズさんにお任せでした。